思考は現実化する「意味」を量子力学から届けます!!

RSS

空間は物質よりも固い

カテゴリ : 今日記
哲学における主体と客体の区別、医学における肉体と意識の分離も同じで、この世界の「物質と空間(真空)」を分離できると理解することは「錯覚」に過ぎないと、ようやく先端科学である量子力学は明らかにしつつあります。

星も原子も真空もすべてが境目のない1つの全体(同化現象)だということを量子力学は明確に予見している訳です。

その境目の無い「物質と空間」の中の話に1つ面白い話があります。それは、物質と空間のどちからが固い(密度が濃い)か、という話です。
おそらく、多くの人は「物質の方が固いに決まっている」と言われると思います。しかし、現実は逆です。

以前の「今日記」で述べましたが、この世界の物質はスッカスカの空間だらけです(原子核と周囲を飛び回る電子との間をイメージして頂ければお分かりの通りです)。
物体の実態は、10万分の1以下でしかありません。畳1枚の中に針の先ぐらいの実態(原子核)が存在するだけなのです。

扇風機の羽の間には隙間がありますが、高速回転している時(電子が飛び回っている状態を比喩)は羽が見えないし、手を差し込めばケガをします。

同じようにこの世界の物質同士は同じ振動レベルにあるので、互いが重なり合ったり、すり抜けることは難しい訳です。

しかし、実態は、スッカスカ。
※ちなみに、量子力学の計算によれば、何億回に1回ぐらいは確率的に、我々は壁の中を通り抜けられることができます。びっくりされるかもしれませんが、これは本当の話です。

さて、この「手を差し込めばケガをするけど、スッカスカの物体(原子)」中を通り抜けることができるものがあります。それが空間です。

詳しくはまた次回にでも話させて頂きますが、この空間(真空)がこの世界の鍵を握っているかもしれないと言われています。

即ち、我々が空間の中を通り抜けているのではなくて、現実は、空間が我々の内部を通り抜けているのです。

ということで、空間は物質よりも固いのです。




2018-11-18 22:23:53 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください

  1. 堀田プロフィール紹介

詳しくはこちら
営業時間
毎週木曜日18:30~21:00
RSS

空間は物質よりも固い

カテゴリ : 今日記
哲学における主体と客体の区別、医学における肉体と意識の分離も同じで、この世界の「物質と空間(真空)」を分離できると理解することは「錯覚」に過ぎないと、ようやく先端科学である量子力学は明らかにしつつあります。

星も原子も真空もすべてが境目のない1つの全体(同化現象)だということを量子力学は明確に予見している訳です。

その境目の無い「物質と空間」の中の話に1つ面白い話があります。それは、物質と空間のどちからが固い(密度が濃い)か、という話です。
おそらく、多くの人は「物質の方が固いに決まっている」と言われると思います。しかし、現実は逆です。

以前の「今日記」で述べましたが、この世界の物質はスッカスカの空間だらけです(原子核と周囲を飛び回る電子との間をイメージして頂ければお分かりの通りです)。
物体の実態は、10万分の1以下でしかありません。畳1枚の中に針の先ぐらいの実態(原子核)が存在するだけなのです。

扇風機の羽の間には隙間がありますが、高速回転している時(電子が飛び回っている状態を比喩)は羽が見えないし、手を差し込めばケガをします。

同じようにこの世界の物質同士は同じ振動レベルにあるので、互いが重なり合ったり、すり抜けることは難しい訳です。

しかし、実態は、スッカスカ。
※ちなみに、量子力学の計算によれば、何億回に1回ぐらいは確率的に、我々は壁の中を通り抜けられることができます。びっくりされるかもしれませんが、これは本当の話です。

さて、この「手を差し込めばケガをするけど、スッカスカの物体(原子)」中を通り抜けることができるものがあります。それが空間です。

詳しくはまた次回にでも話させて頂きますが、この空間(真空)がこの世界の鍵を握っているかもしれないと言われています。

即ち、我々が空間の中を通り抜けているのではなくて、現実は、空間が我々の内部を通り抜けているのです。

ということで、空間は物質よりも固いのです。




2018-11-18 22:23:53 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください