思考は現実化する「意味」を量子力学から届けます!!

RSS

素粒子の自己紹介

カテゴリ : 今日記
我々の世界を作りあげている素粒子(最小物質)は以下の18種類あります。
ということで、本日は、その名前をご紹介させていただきます。
それぞれの役割も把握するととても面白い世界が見えてきます。


まずは、物質を構成する粒子は12種類あります。
そして、この12種類は6種類ずつ、クォークレプトンという2つのグループに分かれています。

物質粒子(12種類)


・クォーク(※)
① アップクォーク 
② チャームクォーク
③ トップクォーク
④ ダウンクォーク
⑤ ストレンジクォーク
⑥ ボトムクォーク

・レプトン(※)
⑦ ニュートリノ
⑧ ミューニュートリノ
⑨ タウニュートリノ
⑩ 電子ニュートリノ
⑪ ミューオン
⑫ タウ 粒子

物質粒子間に働く力
力を伝える粒子(4種類)

⑬ 強い力(グルーオン) 
⑭ 電磁力(光子)
⑮ 弱い力(Wボゾン)
⑯ 弱い力(Zボゾン)

⑰ 重力(重力子:これのみ未発見)

物質に質量を与える粒子
⑱ ヒッグス粒子

各々の役割はまた後日「今日記」に掲載させていただきますが、それぞれ18種類の素粒子には、物語があり、とても面白い世界です。

とくに、重粒子は、アインシュタインがこの世界の数式を見つける際に、どうしても「重粒子」の存在を組み込まなければ式を描けず、描いた式はこの世界を如実に表現していたので、理論物理学という机上の実験のない物理学の世界で、「重粒子」の存在は確定するものとして認められました。今後、この重粒子が発見されるととんでもないスクープとしてマスコミに取り上げられることになると思います。楽しみです。



※クォーク(quark)とは、素粒子のグループの一つです。レプトンとともに物質の基本的な構成要素です。重い粒子です。
 クォークという名称は、1963年にモデルの提唱者の一人であるマレー・ゲルマンにより、ジェイムズ・ジョイスの小説『フィネガンズ・ウェイク』中の一節 "Three quarks for Muster Mark" から命名されました。

※レプトン (lepton) とは、素粒子のグループの一つであり、クォークとともに物質の基本的な構成要素です。軽い粒子です。
 レプトンという名称は、「軽い」を意味する古代ギリシア語λεπτός (leptos) と粒子を意味する接尾語"-on"から、1948年にレオン・ローゼンフェルトによって命名されました。
2018-11-21 19:07:43 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください

  1. 堀田プロフィール紹介

詳しくはこちら
営業時間
毎週木曜日18:30~21:00
RSS

素粒子の自己紹介

カテゴリ : 今日記
我々の世界を作りあげている素粒子(最小物質)は以下の18種類あります。
ということで、本日は、その名前をご紹介させていただきます。
それぞれの役割も把握するととても面白い世界が見えてきます。


まずは、物質を構成する粒子は12種類あります。
そして、この12種類は6種類ずつ、クォークレプトンという2つのグループに分かれています。

物質粒子(12種類)


・クォーク(※)
① アップクォーク 
② チャームクォーク
③ トップクォーク
④ ダウンクォーク
⑤ ストレンジクォーク
⑥ ボトムクォーク

・レプトン(※)
⑦ ニュートリノ
⑧ ミューニュートリノ
⑨ タウニュートリノ
⑩ 電子ニュートリノ
⑪ ミューオン
⑫ タウ 粒子

物質粒子間に働く力
力を伝える粒子(4種類)

⑬ 強い力(グルーオン) 
⑭ 電磁力(光子)
⑮ 弱い力(Wボゾン)
⑯ 弱い力(Zボゾン)

⑰ 重力(重力子:これのみ未発見)

物質に質量を与える粒子
⑱ ヒッグス粒子

各々の役割はまた後日「今日記」に掲載させていただきますが、それぞれ18種類の素粒子には、物語があり、とても面白い世界です。

とくに、重粒子は、アインシュタインがこの世界の数式を見つける際に、どうしても「重粒子」の存在を組み込まなければ式を描けず、描いた式はこの世界を如実に表現していたので、理論物理学という机上の実験のない物理学の世界で、「重粒子」の存在は確定するものとして認められました。今後、この重粒子が発見されるととんでもないスクープとしてマスコミに取り上げられることになると思います。楽しみです。



※クォーク(quark)とは、素粒子のグループの一つです。レプトンとともに物質の基本的な構成要素です。重い粒子です。
 クォークという名称は、1963年にモデルの提唱者の一人であるマレー・ゲルマンにより、ジェイムズ・ジョイスの小説『フィネガンズ・ウェイク』中の一節 "Three quarks for Muster Mark" から命名されました。

※レプトン (lepton) とは、素粒子のグループの一つであり、クォークとともに物質の基本的な構成要素です。軽い粒子です。
 レプトンという名称は、「軽い」を意味する古代ギリシア語λεπτός (leptos) と粒子を意味する接尾語"-on"から、1948年にレオン・ローゼンフェルトによって命名されました。
2018-11-21 19:07:43 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください